スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

The Deer Hunter

今週も家で映画を。
今日は『The Deer Hunter』を。
1978年の作品。
主演は、ロバート・デ・ニーロ。その他にもクリストファー・ウォーケンやメリル・ストリープなど。
久々に観たいなぁと思っていた矢先、近所で安売りしていたのでついつい買っちゃいました。


やっぱり、こういう友情溢れる作品に心打たれます。

また、前半のほのぼのした雰囲気から一気にベトナム戦争時の緊迫した世界観。
ロシアンルーレットのシーンの緊迫感なんて臨場感ありすぎます。
また、この作品のデニーロがまたカッコいいんですよ。

最近髪の毛もやっと伸びてきたし、デニーロ的オールバックもアリかな?(笑)
ディア・ハンター デジタル・ニューマスター版  【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]ディア・ハンター デジタル・ニューマスター版 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]
(2009/07/08)
クリストファー・ウォーケンジョン・サヴェージ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
2009年07月13日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

日本/ブラジル

昨日は友人であり先輩でもある日本の闘将の試合観戦へ埼玉スタジアムへ。

今回は広島時代の母とその家族と一緒に観戦。
IMG_0089_convert_20090712152617.jpg
それにしても浦和サポーターの凄さは半端じゃない。
これだけのサポーターに支えられているって気持ちいいだろうな。
正に選手冥利につきます。
肝心な試合結果は、2-1の辛勝。
内容はともあれ勝負強さは健在ですね。

試合後も鳴り響くサポータによる大熱唱。
IMG_0091_convert_20090712153041.jpg
全員総立ちでホームの勝利を祝います。
古巣広島も善戦でした。
ホントいいチームになりましたね。

試合後は、両チームの友人達とサロンで再会。
久しぶりに会う先輩や後輩になつかしい思い出が甦ります。
こんなときはサッカー辞めたことが若干悔やまれるのも正直な気持ちです。
とはいえ、みんなの成長っぷりが嬉しくもあり、よい刺激にもなるんですが。

競技場を後にし、その後は先輩と会食へ。
彼との食事も久しぶりでした。
まずは、ホームでの勝利、ワールドカップ出場権獲得のお祝いとして皆で乾杯。
この先輩、いよいよ手の届かない領域の選手になりました。
日本でも知らない人はいないくらいですから。
昔は一対一でも負けなかったんだけどな。(笑)

そんな先輩の印象的な一言。
『(サッカーを)何の為にやってるかって?そりゃ楽しいから。』だそう。
そりゃそうですよね。
あなたほど自由にプレー出来てる選手いませんから(笑)
楽しむことが最も自分を成長させるのも確かですよね。

分かっちゃいながら実践出来てませんでした。
初心に帰る思いです。





2009年07月12日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

ハッピーバースデーな友人

7月5日はリカちゃんの誕生日。
つーことでお祝いしました。

めでたいですね。
IMG_0086_convert_20090712151831.jpg
プレゼントも喜んでもらえたら嬉しいですが。
チーズケーキのバースデーケーキもどこか新鮮で。

ハッピーバースデーですな。


2009年07月12日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

こんな暑い日は【続き】

続いて観たのが、『エグザイル/絆』。
僕の周りでは去年最も評判が良かった作品。
ジョニー・トー監督の2008年の作品。
日本じゃこういう作品がしれーっと公開されて、誰も知らん間に終わっちゃうんですよね。
劇場でも観たんですが、レンタルスタートしたということでもう一回観ることに。

男に生まれて良かったと思える作品。(笑)
なんで香港の映画ってこう面白いんだろう。
大してお金賭けてないのに。
無駄にキャスト使わなくても、CG使わなくてもね。
日本でも出来そうなのにな。

僕の友人で何人こうやって体張ってくれる奴らがいるんだろう?(笑)
まあ、みんな観て下さいよ。とりあえず。
2009年07月05日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

こんな暑い日は

お家で映画な気分です。
お茶とお菓子と気になる映画があればそれは贅沢な休日です。

こんな暑苦しい日は、キンキンに冷えた部屋で暑苦しい映画を観てバランスをとります。
まず一本目は『狂い咲きサンダーロード』



石井聰亙監督による1980年製作のPUNK MOVIE。
好きだなぁ。こういう作品。
暴走族 魔墓呂死ってチーム名もセンス抜群。
キャストは 山田辰夫や小林稔侍。
なんだかうまく説明は出来ないけど、気になる方は是非チェックしてみては?
外人とか凄く反応するんですよね。
前にこの映画のヴィジュアル使ったステッカーをプレゼントしたら発狂してた奴いたな。
日本の映画も侮れないですよね。
2009年07月05日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

休刊

遂にあのSTUDIOVOICEまで。
噂には聞いてましたが。ホントだったんですね。

前職は出版の方々と接する機会が多かったのですが、
中でもこのSTUDIOVOICEには凄く硬派なイメージを抱いていました。
内容ではなくその姿勢に。
やりたいことをとことんって感じで。
交流のあった担当者さんもホント物知りだったな。

それが遂に休刊なんてね。
残念です。
カルチャー誌の相次ぐ休・廃刊。
カルチャーの需要が無くなってきてるんでしょうか?
こういうカルチャー誌が導く視点。
まだまだ必要だと思うんですが。
寂しいですが、とりあえずお疲れさまでした。



2009年07月04日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

フリーダ・カーロ

今週末、7月4日(土)から世田谷美術館で
『メキシコ20世紀絵画展』がスタートするようです。
setagaya_museum_mexico20thcentury.jpg
フリーダ・カーロもみれるみたい。
生前の彼女の生家やアトリエを訪れる程に好きな画家の一人。
その波瀾万丈な人生は映画にもなってるので観てみては?

さっそく今週末行ってこようかと思ってます。
2009年07月03日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

酒浸り

忘年会シーズン以上に飲みが続いてます。
友人、同僚、上司、お客と飲み相手は日々異なりますが、酒は酒。
毎度、酔っぱらいます。
疲れもあるのか、2日連続で電車で寝過ごしてしまうと言った具合。

ちょっとは体休めなとヤバいかも。
黄色信号点滅って感じです。




2009年07月01日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。