スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

京都旅行 初日

少し前の話ですが、幼なじみの友達と京都へ行ってきました。
今回の目的は、何と言っても”桜”
強行日程とはいえ、桜の咲き乱れる春の京都へ期待に胸を膨らませ、新宿発の夜行バスに乗り込みました。
バスに揺られること6時間。無事京都に着くと、その足で”重森三玲邸書院・庭園”へ。
昭和を代表する庭園家である「重森三玲」の芸術的なその庭園は、決して広さこそ無いものの限られたスペースの中で素晴らしい景観を演出していた。過去にSHARP AQUOSのTV CMでも使われていたそうだ。
ちなみに写真上部に写る照明は、生前親交のあったイサム・ノグチより送られたものだそうだ。
DSC0122929.jpg


次に向かったのは、銀閣寺
哲学の道を抜けていくルートを選択。
実は、今回の旅で最も楽しみしていた場所がこの”哲学の道”だった。
桜はまさに満開。期待通りの桜並木がそこにはあった。
DSC0123722.jpg

ここ数年、ゆっくり桜を見る時間も無かっただけに充分堪能することができた。
楽しみにしていた、銀閣寺は修復中だった為、庭園のみ堪能。
先を急ぐことに。

続いて向かったのは、”南禅寺”。
DSC0124120.jpg

南禅寺境内にある、このレンガ造りの琵琶湖疎水の水路閣が、何とも風情があって良い。
そもそも、この水路閣。琵琶湖の水を京都へ運ぶ為に造られたものである。
上へ上ると水路脇を歩けるようになっており、600mにおよぶ坂道の桜並木が見事なインクラインと呼ばれる古い線路へと繋がっている。咲き誇る桜を堪能しつつ、ゆっくりとその線路を歩いた。


その後、祇園の街を散策しつつ、日が暮れるのを待ち、お目当ての”清水寺”へ。
この桜の季節は夜の特別拝観を実施しており、ライトアップされることで、より幻想的な顔を見せる。
写真でご紹介できないのが残念な位に美しい景観であった。

男だけの旅ならではの強行スケジュールで、疲労困憊ではあるが今回の旅のテーマであった”桜”を充分に堪能しつつ、充実した初日となった。

そして旅は二日目へ続く・・・。
スポンサーサイト
2008年04月21日 | Comments(1) | Trackback(0) | 未分類
コメント
No title
こんにちは。はじめまして。
ブログ、拝見させて頂きました。

京都在住なのですが、
今年は花見をしていない己に
気がつきました^^
副隊長 URL 2008年04月21日 11:29:56 編集

管理者だけに表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。