スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

引きこもり気味

こんな寒い日は、足がズキズキと痛みます。
そんなときは家でのんびりしましょうか。

買いだめしてあるDVDから今日選んだのは「殺人の追憶」。

1986年ソウル近郊の農村で起こった女性の猟奇的殺人事件。特別捜査本部のトゥマン刑事はソウル市警から来たテユン刑事と組んで事件に挑むが、捜査方法の異なるふたりは対立し、何度も失敗をする。しかし、ある出来事がきっかけとなり有力容疑者が浮上する。

といったような、非常に良くできたサスペンスです。
飽きさせないことはもちろん、程よく、時に刺激的な緊迫感を持続させられる演出は見事と言わざるを得ない。
アジア映画ってなかなか手に取る機会が少ないかもしれませんが、これは誰に見せても満足してもらえるのでは。

スポンサーサイト
2010年01月17日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。