スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

連休①

久しぶりの連休でしたね。
そしてこのブログも久しぶりの更新。ホント余裕ありませんでした・・・。

3連休ということでまず初日は幼なじみの友人と遊ぶことに。
地元に帰ろうかということで前日から合流したものの、予定のキャンセル+仕事が入ってしまった為、
急遽スケジュールを変更し都内をブラブラすることに。
いつものルーティーンを極力避け、行ったことのないところを中心に攻めることに。

まず向かったのは、「GALLERY WHITE ROOM TOKYO」。
写真家 Ari・MarcopoulosのExhibition“The Chance is Higher”へ。
SN3E002633.jpg
80~90年代のNYのSKATE、HIPHOPなどのシーンを撮り続けていた彼の新作が展示されていた。
ゼロックスでコピー出力された彼特有のArtは寂しさ、力強さを感じさせる。
今はどうか分からないけど、原宿のSupremeが出来たときは壁面が全て彼の作品で埋まっていたような。作品数は少し物足りなかったけど十分楽しめました。
その後は、MOMAのSHOPや雑貨屋などブラつきつつ、友人の勘違いで何故か六本木へ。
ヒルズ~ミッドタウンへ向かう。
ミッドタウンなんてプライベートで行くのなんて初めてでした。
ホントにつまらないですね・・・ミッドタウン。あのテナントではたして商業的に大丈夫なのか。
うんざりしながらも、庭園に向かうとそこは屋内とは打って変わって面白い世界が。
青々とした芝生の向うには巨大スクリーン。
SN3E000835.jpg
そう、夏限定で屋外の映画上映を実施しているそうです。
酒飲みながら夕涼みしつつ映画が観れちゃうなんて。ちなみに上映作品は確か入れ代わりで、当日は「ニューシネマパラダイス」を上映するとのことでした。
意外とデートなんかにはいいかもしれませんね。皆さん使ってみてはいかがでしょうか?

友人とは、夕方に別れその後は半強制的にDVD鑑賞。
ゾンビ界の巨匠ジョージ・A・ロメロのリビングデッドシリーズ三部作「ナイト・オブ・リビングデッド」、「ドーン・オブ・ザ・デッド」、「デイ・オブ・ザ・デッド」を一気に鑑賞。
全作品初めてでは無いので新鮮さはないものの、2作目「ドーン・オブ・ザ・デッド」はやはり名作。
モールを舞台に、消費社会に物申すといったようなメッセージさえ感じさせる内容は、流石巨匠といったところか。

スポンサーサイト
2008年07月22日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。