スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

高校サッカー

先日の準決勝に続き、本日の決勝も観に行ってきました!!
広島皆実見事な勝利でした。鹿児島城西も惜しかったですね。

スタンドから観戦しながら過去の思い出が色々と甦りました。
僕も実は過去に国立いってるんですよね。結果は残念なものに終わりましたが。

いいプレーもわるいプレーもこと細かく覚えているんですよね。
試合中の感情だったり、見えていた景色なんかも。

今考えればあの時代程、生活に充実感を感じていたことは無かったでしょう。
当時は遊びふけている同級生をうらやましくも思いましたが、それでも今となってはいい思い出、いい友人に恵まれた素晴らしい時間でした。
そんな高校時代を思い出させてくれた選手権に感謝です!!

サッカー的なことを書かせてもらうと、
今年の選手権、非常にレベルが高かったように思います。
個々の技術の高さはもちろんのこと、組織力の高さがより目につきました。
得点シーンなんかを観てもらうと分かると思うんですが、多くのチームがちゃんと戦術に
のっとってサイドから崩して得点を挙げてるんですよね。
今年の大会はそんな組織力の高さが結果に如実に現れていました。
大迫くんの活躍ばかりがクローズアップされていた城西も、実は非常に組織力が高く、
彼のプレー、要求についていける技術があったからこそ準優勝という結果を得られたのだと思います。
それでも個人的には前橋育英のサッカーが一番良かったと思ったんですけどね。
決勝をかけた4度の挑戦も残念な結果に終わりましたが、スタメンの大半が2年生ということで翌年に期待ですね。

やっぱり、シーズンを通してリーグ戦を行うJリーグよりも、一発勝負で高校生活最後の戦いを賭けた高校選手権の方がよっぽど楽しめるんですよね。感動もしますし。

それにしても今年の大会、何度も泣かされました(笑)
来年も必ず観にいこうと思います。










スポンサーサイト
2009年01月12日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。