スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

過去の過ち

その知らせは突然届いた。
友人からのメールに目を疑いつつも、すぐにマスメディアの報道に事実ということを認識させられる。

二年前、一つの過ちによって生き甲斐であり人生そのものとも言える大切なものを失いかけた友人がいる。
彼は過ちを誠実に受け止め、必死に自らの人生を取り戻そうと努めた。
その後、努力が実り、再び自らの居場所を勝ち取った彼は順調に活躍を重ね、過去の過ちをも忘れさせるほどの存在へと成長した。
そして、彼自身の長年夢見てきた舞台へ足を踏み入れた矢先の出来事であった・・・。

彼がしたことは未だはっきりとは分かっていない。
何かの間違いであって欲しいと願う。
ただ、こういった形で報道されてしまった以上、今後世間から厳しい目にさらされる事は間違いない。
あること、ないこと書きたてられる事だって充分に有り得る。
身近な存在からの対応も変わってしまうだろう。
所詮は、表舞台にいる人間に近づいてくるのは、私欲の強い薄情な奴ばかりだ。与えられることばかりを望み、決して与えようとはしない。そして都合の悪いことがあれば、突然目の前から姿を消す。

ただ、これを読んでいる方には伝えたい。マスメディアの言い分を鵜呑みにして欲しくはないのだ。
確かに彼は頭が良いとは言えない。しかし、決して世の中に迷惑をかけるような人間ではない。
根っからの悪でもなければ、今回の事件だって本気でするような人間ではない。
それは彼のことを何も知らないマスコミではなく、ずっと近くにいて同じ時間を共有してきた人間が言うのだから間違いない。

ずっと彼の背中を追いかけてきた後輩として、今彼に何が出来るのか。出来ることはあるのか。
しばらくはそのことが頭から離れないであろう。
ただ、出来ることなら全力でサポートしていきたいと思う。
再びその才能が花開くように・・・。


スポンサーサイト
2008年04月27日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する
«« 冒険王 | HOME | いのち »»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。