スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ジャケット

とあるレコード会社の方とお話していた際に、聞いた話。
『近い将来、CDというメディアでの販売は無くなるんだよ。』
???マジっすか???
確かに、違法ダウンロードがこれだけ横行している時代。
その上、i-PODなどポータブルメディアの発達でダウンロードカルチャーは
もはや珍しいものではなくなりました。

そんな時代にCDというメディアは余計なコストであることは一目瞭然。
明らかに無くなることは間違いないでしょう。
しかしながら、レコードでもCDでも音楽というのはジャケットのヴィジュアルを含めて一つの作品ではないかと思う私にとっては酷な時代。
これってこれから音楽に興味持つ若いコ達にとってはかわいそうですよね。
ジャケだけじゃなくてライナーも好きな人が書いてたらそれだけでテンション上がりますよね?

進化することは決して悪くはないけど、求めていない進化ももちろんあって。
極力無駄を省き必要なものだけが手元に残るミニマムな時代。
そんなの味気ないな。
ゴミみたいなものに価値を見いだすことだってある訳です。
ビッチェズ・ブリュー+1ビッチェズ・ブリュー+1
(2005/10/19)
マイルス・デイビス

商品詳細を見る
Yo! Bum Rush the ShowYo! Bum Rush the Show
(1995/05/02)
Public Enemy

商品詳細を見る
IllmaticIllmatic
(1994/04/21)
Nas

商品詳細を見る

スポンサーサイト
2009年03月13日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。